ブログ引っ越しのお知らせ

この度ブログを引っ越す事にしました。
新しいブログはコチラです。

The SSS
c0150920_15234494.jpg



更新頻度もあげていこうと思います。
今後もよろしくお願いします。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2012-01-09 15:24 | ─トクシユ─

10th

先日、結婚10周年を迎えた。
はえーよ。

祝!という事で
10年前に結婚披露宴をしたレストランに二人で食事に行った。
お昼のコースを食べようと思っていたのに
なんと、お昼はコースをやめたとの事。
お昼はラザニア専門店にしたんだって。


水牛のモッツァレラチーズと
c0150920_21512461.jpg



ラザニアを頂いた。
c0150920_21513325.jpg



どちらの写真も全然美味しそうに見えないけど
実際はモノスゴ美味しかった。

「10年前にここで披露宴をやらせてもらったんです。
 あとで(厨房にいるのが見えた)オーナーに挨拶に行ってもいいですか?」
とウェイターさんに訪ねたところと、
後ほどオーナーの方から挨拶に来て下さった。

曰く
「覚えていますよ。
 当時はこんなに(俺の髪とヒゲを指して)モジャモジャじゃなかったですよね(笑)」

う〜ん、確かにそうだけど、
本当に覚えてくれてたのかなぁ。だとしたら、ちと嬉しいなぁ。

オーナーのピエトロさんが言うには

昼のコースをやめたのは、
昼の代官山に大人が来なくなり、若者の街になってきたから。
だからこのラザニアに今まで昼のコースにかけていた力を
全部注いでいます。
嘘です。

そんな感じでしばらく楽しいおしゃべりさせてもらった。

食後にはピスタチオのジェラートをサービスしてもらっちゃいました。
ピエトロさんありがとう。
ぐ、ぐらっつぇって言うんでしたっけ?

(実は食べ終わってから写真を撮ったため、中は入っていない)
c0150920_21513793.jpg



今まで飲んだエスプレッソで最も濃かった。
(最も量も少なかった…)
c0150920_21513643.jpg



結婚10周年記念ランチはこんな感じ。
さて、20周年にもここでランチできるのでしょうか?

ピエトロさんのレストランと
俺たち夫婦。

どちらも末永く続きますように。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-11-24 21:54 | ─イエネタ─

タカオサン

先日、高尾山に登ってきた。

いくつかある登山道の中で、今回は稲荷山コースを選択。
c0150920_1464962.jpg


c0150920_147560.jpg


c0150920_1471626.jpg


八王子方面
c0150920_1472682.jpg


c0150920_1473527.jpg


根がすごい。
c0150920_148345.jpg


c0150920_1474512.jpg


c0150920_1481875.jpg


c0150920_1482770.jpg


頂上は大混雑。
c0150920_1483851.jpg


昨晩の鶏おこわの残りをおにぎりにして持参。美味しかった。
c0150920_1485114.jpg


頂上では紅葉した木も見られた。
c0150920_14929.jpg


噂の山ガールズ(?)
c0150920_1491124.jpg


噂の天狗1
c0150920_1492034.jpg


噂の天狗2
c0150920_149319.jpg


噂の天狗3
c0150920_1494675.jpg



高尾山は想像していたよりも険しく、頂上に着いた時には汗だくだった。
そして、想像通り本当に素敵な山だった。

今年中にもう一度、
今度は紅葉を見に登りたいな。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-11-01 09:42 | ─トクシユ─

富士は日本一の山:その6

よっしゃ。頂上まであとちょびっと。
八合目の山小屋から、頂上までは1時間30分で着くそう。
興奮するねぇ。

ここからは現場の雰囲気を堪能していただくため、
写真中心にさせていただきます。
画像が多くて重いかもしれんけど、
そこはほら、富士山ですから。
しょうがないです。

c0150920_18204178.jpg

八合目から登り始めた直後。左の方に白く見えるのは雪。

c0150920_18205352.jpg

登ってます。

c0150920_1821870.jpg

奥の方に見えるのは頂上から降りてきてる人達。
山頂でご来光見た組。

よしもうちょっとだ。

c0150920_18223229.jpg

はい、到着。

ここが吉田口から登った人が最初に着く頂上。
八合目の山小屋からここまで1時間で着いた。

前回登った時は、寒さでここから動く事ができず、
ご来光を待たず下山を選んだ。
今回は服装も体調もバッチリ。
テンションもマックス。

ちょびっと休んだら、いよいよ未体験ゾーン。
お鉢巡り開始よぉー。

c0150920_18212964.jpg

火口と私

c0150920_18224222.jpg

火口の中はこんな感じ。もちろん入れない。

c0150920_18215890.jpg

お鉢巡りしてる最中はずっと、
風が強く寒かった。鼻水たれるくらいかな。
平らな道はあんまりなく、結構登る。

c0150920_18221779.jpg

日本の頂点が見えてきた!

c0150920_18225244.jpg

あそこやな!
ここからの急坂(馬の背 みたいな名前が付いてる)が結構きついよ。
足は滑るし、坂は本当に急!
四つん這いで登る感じ。

c0150920_18413089.jpg

つ、着いた。

ここには、日本の頂点記念碑がある。
それと写真を撮るためにみんな並んでる。
混んでる時間帯だと何十分も待たなきゃいけないらしい。


c0150920_19225443.jpg

富士山の標高は3776m。
俺の腕時計でも確認できます、ってあれ?
ちゃんと調整すれば良かった…。
右は気圧。

c0150920_19295026.jpg
ハイ、チーズ。
ナイス・ポーズ。

ここまでで、火口を約半周くらいだったかな?
残りはあと半周。
やはりお鉢巡りは楽しい!(俺だけかな?)

c0150920_18232513.jpg

残りの半周は特にイベントもなく、
淡々と回るだけ。
盛り上がる場所も、ないわけなんやけどね。
でもね。
ここから残りの半周してる時、幸せな気分だったなぁ。

念願だった、日本の頂点に立つことができた満足感。
やったぜ、やったぜ、って心の中で何度も言いながら
ニヤニヤしながら回ったさ。

俺の心の中はきっとこんな感じだった。
c0150920_18553396.jpg

「やったぜ」


楽しかったお鉢巡りは、予定通り1時間30分かかって終了。
今までは予定より全て短い時間で着いたのに、
お鉢巡りは時間通り。メインですから。

さて、帰りのバスの時間が心配なんで
そろそろ下るか。

c0150920_1823361.jpg

グッバイ山頂。また来るぜ。

c0150920_18234729.jpg

下りはずっとこんな感じ。
Zのようになってる同じような道を延々と下る。
これはおもしろくない。

c0150920_18243042.jpg

たまに、山小屋に物資を運んでるジューキーズにでくわす。

下り道は火山灰が堆積した砂利道。
火山灰だから軽くて、足が沈む。
足をとられてとても歩きづらいんだけど、
とても良い下り方を見つけた。

それは膝を曲げて、重心をグッと落として、
1歩ずつを短く足の回転を早く駆け下りる方法。

この方法だと膝にかかる負担がとても少なく、
足をとられることもない。

この走法でスイスイ100人ぐらい抜かし、
あっという間に五合目に到着。
我ながら良い方法だなと感心してたんだけど、
次の日からの足の筋肉痛がモノスゴかった。
次の次の日もモノスゴい筋肉痛だった。
この下り方、オススメしません。



はい。
長かった俺の富士登山はこれで終わりです。

山小屋での待機時間を除けば、本当に楽しい登山でした。
登ってる最中・お鉢巡りをしてる最中・下ってる最中、
何を考えていたのか、すっかり忘れてしまったけど、
ひょっとすると、何も考えてなかったのかも。
もしくは、富士山の事ばかり考えてたのかも。
たぶん、それが楽しかったんだと思う。

念願だったお鉢巡りを楽しんだし、
もう富士山に登る目的はなくなってしまったけど、
また、必ず登ると思う。

そしていつか、太陽と登ろう。
アカヒカは登るかな?
家族全員で登る事ができたら、そりゃ幸せだろうね。

やはり、富士は日本一の山。

(ながーーーいブログにお付き合いいただきありがとう!)
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-07-25 19:16 | ─トクシユ─

富士は日本一の山:その5

予定していた時刻より、
1時間30分も山小屋に着いてしまった。

明日の日の出4:45AMまで、ずっと山小屋にいなければいけない。

結果から言うと、この山小屋での滞在時間が一番辛かった。
暇で暇で。

荷物をおろし、ビール(600円)で乾杯。
ちょっと早いが夕飯。
夕飯はコンビニで買ってきたおにぎり×3。

夕飯を食べ終わっても、する事がないので
持ってきたウイスキーを飲み始める with ミックスナッツ & ドライマンゴー。
山小屋の外にあるベンチで飲んでいたけど、
1時間も経つと寒くなってきて、あわてて
ニットキャップ・ジャンパーを着る。
そんなに疲れた感じはなかったんだけど、
ここは高地。酔うのが早い。
もうこれ以上飲んだらまずそうなので、しょうがなく寝る事に。

寝具は寝袋と毛布1枚が貸してもらえる。
寝袋を50人分ほど横並びにした二段ベット×2みたいな部屋。

1人分のスペースは寝袋の幅のみ。
聞いてはおったが、やはり狭い。

両隣の寝てる人を起こさないように
俺もそっと寝袋へ。
ちっとも眠くないんだけど、なんとか寝ようと目を閉じる。
他人のイビキがうるさい。
持ってきた耳栓が大活躍。
これで集中して眠れる。



でも眠れない。

明日のために早く寝なきゃ。
でも眠れない。

寝袋の中、暑い。
でも寝袋から出たら、酔いが醒めたとき寒いかな。
ちょっと寝返りうちたいけど、隣の人起きちゃうかな。
やっぱり足だけ寝袋から出そうかな。

なんて事をずーーーーーっとやってた。

起床までのこの寝袋悶々タイムが本当に本当に辛かった。
次回はここをなんとかせねば。

なんとかちょこっと寝たかな。
ようやく4時。用意を調えて
山小屋の表で日の出を待つ。

ニットキャップ・手袋・ダウン・ジャンパー。
かなり寒い。

待つこと15分くらい。
出ましたご来光。
c0150920_18382845.jpg



うーん、綺麗。
c0150920_1838432.jpg




ご来光を堪能した後は
菓子パン×3と持ってきた缶コーヒーで朝食をすませ、
いよいよ、頂上へ出発。
あと1時間30分で頂上だ。
お楽しみのお鉢巡りまでもうちょびっとだ。
c0150920_18385616.jpg


[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-07-25 18:36 | ─トクシユ─

富士は日本一の山:その4

よっしゃ。
そろそろ登り始めるか。

富士登山で一番心配していたのは、高山病。
富士山は気圧が低く、酸素も薄いから、体調が悪くなる人が多いらしい。
この高山病になっちゃうと、頭痛・吐き気などでモノスゴしんどいらしい。
おまけに予防法もあんまりない。
解消法も下山くらい。と、やっかいな病気。

対策を色々調べた結果、とにかくゆっくり登るのが良いらしい、との事。

そこで、12:00に5合目に着いてから、
1時間くらい体を高度に慣らす。
5合目といっても、すでにかなりの高度。2300mくらいある。

5合目に着いてすぐ、昼食を摂る。
コンビニで買ってきたナポリタンとサンドイッチとコーラ500ml。
ごちそうさま。
それではゴミを捨てて準備体操…
と思ってたら、5合目でももうゴミ箱ないのね。
ちょっとなめてました。

準備体操して、13:00出発。
5合目の天気は曇り。
雲の中に居るみたいに視界が悪い。
でも雰囲気出てて、気持ちは高ぶる。

高山病に注意して、ゆっくりゆっくり。
c0150920_1793550.jpg

5合目から6合目までは、ちょっとした森林だったり、
軽く舗装された道だったりで、のほほんとした感じ。
お金を払えば馬に乗せてもらい登ることもできる。
(お馬さんが道でうんちしちゃうのでちょい臭い)

俺は普段道を歩くときでも、かなり早足で、
前に人が歩いていると、なんだか抜かしてしまいたくなる
かなり前向きな性分なので、
ゆっくり歩く事が非常に苦手。
高山病もコワイけど、ゆっくり歩くのも苦痛。
後ろから来た人に抜かされるのも屈辱。

それで、前回登った時は
5合目から一気にスピード上げてしまったんだけど、
今回は我慢。
20代と30代は体力違うぞ、と自分に言い聞かせる。

タイミング良く、ガイドさん付きの登山ツアーグループを発見。
その最後部につけ、ゆっくりゆっくり登る。
ゆっくり・ゆっくり…

つ、つらい。
早く登りたい気持ちを押さえるのが本当につらい。

自分と戦いながら、6合目に到着。

ここらで、半袖×2枚の上にネルシャツを羽織る。

ツアーグループが休憩してる間に俺は抜けて登山続行。

たぶん高山病大丈夫だし、ちょっとペースあげちゃおうかな、
なんて、悪い自分になりかけてたんだけど、
急いで登りたくても、ツアーグループが沢山いて抜かして行く事もできない。
7合目付近になると岩場も出てくるしね。
結局7合目までも、ゆっくりゆっくり。

7合目でちょっと休憩。
アクエリアス+スニッカーズ。

休憩終わって、登り始めたくても
登山道が渋滞してて登り始められない。
さ、さすが富士山。
c0150920_17103040.jpg


道だけを考えると、
7合目から8合目にかけての岩山を登るのが
一番大変だったかな。
渋滞で自分のペースで登れないし、足場は悪いし。
c0150920_17105227.jpg


俺もゆっくり登ればいいのに、
興奮してるし、気性もアレだから、なんだか早く登りたいんよね。
渋滞にイライラもしてたから、
岩場の切れ目で平地が出てくると、脇目もふらず抜かしまくったね。
本当は休憩しながら登らなくてはイケナイんだろうけど、
抜かすチャンスはそこしかないからって事で、
7合目からほぼ休憩とらず8合目まで登り切ってしまった…。

一応高山病対策として、深い呼吸を心がけた。

5合目から登ること3時間30分、
本日泊まる山小屋、8合目の富士山ホテルに到着。
到着時刻 16:30。
c0150920_17113389.jpg

c0150920_17115691.jpg


事前にたてておいたスケジュールでは
18:00に山小屋に到着する予定だったから、
随分早く到着してしまった。

到着して落ち着いてみると、自分が汗だくなのに気づく。
ネルシャツまでぐっしょり。
5合目付近はガスが出て曇っていたのだけど、
6合目以降は結構晴れてて、本当に気持ちよい気候だった。
開放感もあるし、景色も最高。
やっぱり富士登山は楽しい!

ここから先は、また次回。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-07-25 17:03 | ─トクシユ─

富士は日本一の山:その3

では、富士山に登ろう!
でもその前に!

車のない俺が
どうやって富士山まで行ったかを伝えないワケにはいかんやろ。

朝、9:00 我が家を出て、
電車に乗って隣の隣の駅へ。
そこでモノレールに乗り換えて隣の隣の駅へ。
モノレールを降りたら、7分歩いて、
高速道路にある高速バスの停留所に到着。
10:13 高速バスにピックアップしてもらい、
12:05 富士山の5合目に到着。

電車:170円、モノレール:200円、高速バス:2050円。
結構、簡単に富士山の5合目まで行ける。

高速バスは本数が少なく、なかなか希望の時間がないんだけど、
河口湖まで電車+そこから路線バスに乗って行くより、楽だし、安い。
帰りも同じ方法で帰って来た。

ま、自家用車がある人が一番楽なんでしょうけどね…。
いいなぁ。

それでは、俺が行きの高速バスで聴いていた、
最近お気に入りのミュージシャン
THEOPHILUS LONDONの曲"I WANT YOU"をお聴き下さい。
(マーヴィンゲイのカバーね)
(名前は、せおふぃらす・ろんどんって読むらしい)


[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-07-25 13:38 | ─トクシユ─

富士は日本一の山:その2

よっしゃ、登山開始やでぇ。
と言いたいとこなんやけど、
手ぶらで登るワケにもイカンやん。

という事で、携行品の紹介。

いつかまた登りたいと思っているので、
その時のためのメモとして。

背負っていった30リットルのザックの中には…
・替えのTシャツ(ユニクロシルキーなんとか)1枚
・替えの靴下×2
・替えのパンツ×2
・フェイスタオル×2
・レインスーツ(セパレートタイプのやつ)
・ダウンジャケット(THE NORTH FACE)
・ハードシェルジャケット(THE NORTH FACE)
・軍手×2
・ネルシャツ

◎スニッカーズ×2
◎アクエリアス300ml×2(凍らせて)
◎ミックスナッツ
c0150920_1055648.jpg
ビールは山小屋で購入。600円。

◎M&Mチョコ
◎ドライマンゴー
◎亀田の海苔ピーパック 小分けタイプ×2
◎カロリーメイト フルーツ味
◎クロレッツ
◎塩レモン飴
◎ウイスキー30mlくらい
c0150920_10552489.jpg
明治のヨーグルトドリンクの小さいペットボトルに入れてもっていったウイスキー。
気圧が低く酔いやすいらしいので、決意の30ml限定。
見てくれは悪いが、中身はラフロイグの18年物やでぇ。


●おにぎり×3
●パン×3
●魚肉ソーセージ1本
●水500ml×4

○ゴミ袋
○バンドエイド
○芯を抜いたトイレットペーパー
○ガムテープ少量
○ザックカバー用の大きいゴミ袋
○保険証のコピー
○トイレ用の小銭
○山小屋宿泊+交通費のお金

登り始める時の服装は、
・Tシャツ(ユニクロシルキーなんとか)
・綿100%Tシャツ
・チノパン
・ユニクロシルキーなんとかのトランクス
・後ろがメッシュになってる野球帽
・ユニクロ ウォーキング用靴下
・NIKE BLAZER ID
c0150920_10553665.jpg
エナメルのような光沢のあるイカシタ靴。登山には不向き…。
ソールがつるつるで滑った。


こんな感じだったかな。

登ってて思ったのは、
周りと比べて、俺の荷物が大きく見えること。
みんな結構小さいザック背負ってた。
そして、みんなオシャレでナイスな服装で登ってる。
スニーカーで登ってる人は1割もいなかったな。
ズボンもジーパンとかチノパンとか綿素材の人は少ない。
きちんとした登山用の服装で登ってる人が多くて驚いた。
みんなお金かけてるなぁと思ったよ。
(そして俺ももちろん欲しくなった。次回は未定だが。)

俺みたいな適当な服装でも一応登れるんだけど、
みすぼらしい格好の分、逆に
「へばったり、だらしない登山はできないなぁ」
なんてプレッシャーにもなり、その点は良かったかも。

持って行った荷物の中で使わなかった物・必要なかったものも
もちろんあったけど、それは少数で、
ほとんどの物は持って行って良かった。

これで、携行品と服装の説明はおしまい。
では、登りますか。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-07-25 10:50 | ─トクシユ─

富士は日本一の山:その1

7月25・26日、富士山に登ってきた。
一泊二日・一人で。

富士山に登るのはこれが2回目。

前回登ったのは10年くらい前。
その時も一人で登ったんやけど、
決して楽しい登山ではなかった。

なので、今回の目的は「楽しく富士山に登る事。」だった。

前回の登山は何が楽しくなかったのか?
前回の登山の流れはこんな感じ。

19:00 5合目から登山開始。
24:00 頂上に着く。
頂上でご来光の時間まで待つ予定だったんだけど、
あまりの寒さに耐えきれず、下山を決意。
24:30 真っ暗な中、下山開始。
4:00 5合目到着。
4:40 5合目で日の出を見る。
5合目で、河口湖行きのバスの始発まで、じっと待つ。

ざっと、こんな感じ。

楽しかったのは、頂上に着くまでの間だけ。
その後はずっと辛かった。

真っ暗な中を下山するのは、とにかく危険だった。

ダメ!ぜったい!

そんな時間に下山している人は全くいないので、
明かりは自分の持ってるミニマグライトのみ。
道は分からないし、足を滑らして落下でもしたら、
次の日の朝まで、誰も見つけてくれないと思う。
本当に無事帰れて良かった。
若いって怖いわね。

と、前回がこんな感じだったので、
今回のとりあえずの目的は

・頂上の火口を一周(お鉢巡り)して、
 日本で一番高い場所へ行きたい!
・頂上でのご来光にこだわらず、楽しく登山しよう!

この2点。

それでは、登りましょう。


c0150920_101315.jpg
今回の5合目。かなりガスが出て、視界が悪かった。

c0150920_0591815.jpg
ここから登山開始やでぇ。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-07-25 00:54 | ─トクシユ─

Upside Down MISO

本日、手作り味噌の天地返しを行いました。

一度、容器から全て味噌を出し、
よく混ぜてまた、詰め直します。

熟成を均等にしたり、空気に触れることにより美味しくなったりするそうです。

作業の最中に、手に付いた味噌をペロっと舐めてみました。

しょっぱい、でもほんのり甘い。
複雑な味でした。

8月完成予定、実に楽しみです。

以上です。

簡潔ですみません。
自分、口下手ですから。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-05-24 15:17 | ─イエネタ─

MISOUL FOOD

今年のバレンタインデーは、味噌。

初めて味噌を作ってみた。

作り方をおおざっぱに言うと、
大豆をゆでてつぶし、塩と麹を混ぜて、寝かす。
こんだけ。

材料は、
大豆1kg
麹1kg
塩450g
こんだけ。

作り方はネットで色々調べたんだけど、
塩の量は、レシピによってかなり差があった。
どれをとるか迷った結果、
今回は色んなレシピの中間をとって450g。


前日の夜からもどしておいた大豆をゆでる。
ここで、最近買ったgeoプロダクトのパスタパンを初めて使った。
この鍋、ええわぁ。
感覚としては普通の鍋と圧力鍋の中間みたいな感じがした。
レシピ(3〜4時間)より、短時間(2時間くらい)でゆであがった。

次は大豆をつぶす作業。
これが結構大変!って色んな人が言ってたけど、
うちにはマジックブレットがあるから余裕。
かと思ってたら、マジックブレットだと全然ダメだった。
ちょっと回したら、大豆が壁面にべっとりひっついて、空回り。
そのひっついた大豆を振り落として、また、ちょっと回す。
その繰り返し。かなり大変やった。
(次回はここを改善:01)

次は塩・麹と混ぜていく。
このとき、全体が均一になるようにしっかり混ぜないと、
失敗するらしいんだけど、
ふくらんだ大豆(およそ3kg)・麹(1kg)・塩(450g)を
よく混ぜるためには、相当でっかいボールが必要だった。
予定していた、我が家で最大のボールでは小さすぎたので、
直径28cmのティファール中華鍋で混ぜた。
それでも、何度かに小分けにして混ぜなければならなかった。
(次回はここを改善:02)

あとは、消毒したタッパーに詰めて、
カビ対策に表面に塩(30gくらい)を振って、ラップして、
軽く重し(塩をビニール袋に入れたもの:500gだったかな)をして蓋。
3ヶ月から半年寝かせて完成。

かなり簡単だった。
これで美味しい味噌ができるんなら、また是非やりたい。



■材料費
・大豆(とよまさり)1kg:490円 @ 富沢商店
・米麹(冷凍)1kg:980円 @ 富沢商店
・塩 1kg:350円

・タッパー(マキシデコレーター):送料込みで3500円
・消毒用焼酎(ホワイトリカー):840円

合計:6160円

4kgくらい味噌ができる予定だから、
6160÷4=1540円/1kg
500gだと770円

店で売ってる味噌はだいたい500gで400円くらいか。
いまんとこかなり割高やね。
ま、タッパーはずっと使えるから
やっぱり何回か作らないとね。

注意)この分量でうまくできるかどうかは、まだ分かりません。
ひょっとしたら、大失敗かもしれないので、
いまんとこ、参考にしないで下さい。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-02-19 14:17 | ─イエネタ─

TRAIN-TRAIN

最近、太陽は電車ブーム。
乗るのも好きだし、見るのも好き。

○○駅には特急は停まらないとか
△△駅は各駅停車だけ、とか
ずーっとしゃべり続けてるから
太陽でも読めるようにひらがなの京王線路線図を作った。
c0150920_2091113.jpg
▲クリックで拡大

結構大変やった。

妻が、「作ってあげたら絶対喜ぶよ!」
っていうから作ったんだけど、
渡したときの反応はイマイチやった。
うーん。

で、くやしいからポスターの様に
壁に貼った。
おまけにツイッターとブログ、両方に書いた。
ちょっと作って良かったと思えた。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2011-01-22 20:13 | ─コノコト─

オーマイサン。

もうすぐクリスマスだというのに、
サンタさんからもらうプレゼントを決めきれない太陽。
そろそろ決めないと、大人の事情で色々マズイ。

そこで、実物を見て決めさせるため
昨日はおもちゃ屋へ連れて行った。

「早くプレゼント決めて『これ下さい!』って
サンタさんにお手紙書かないと、プレゼントもらえないよー。」

軽く脅しながらおもちゃ屋に来たのだが…
結局昨日も決められず。

帰り道で聞いてみた。
「どうするの?サンタさんに何もらうの?
そろそろ決めないと!」

すると太陽、こう答えた。
「『どのおもちゃもすっごく楽しくて、一つに決められません。
だからサンタさんにお任せします。』ってお手紙に書く!」


だって。

ハハハ。笑ったね。

優柔不断で人任せ。
やっぱ俺の子や。
c0150920_0291635.jpg


[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-12-09 00:33 | ─コノコト─

オーストラリアでの娯楽といへば…(画像有り)

オーストラリア滞在中、俺達夫婦にとって最大の娯楽、
それはパブ(いわゆる飲み屋)に行く事だった。
家で飲むビールもおいしいんだけど、
やっぱりパブで飲むビールは格別。
そして何より、パブの雰囲気が大好きだった。

パブとは?
居酒屋的な物がないオーストラリアで、最も身近な飲み屋。
そして、パブの名が示すとおり、パブリック(みんなが立ち寄れる)所。

不思議な事に、どこの街のどこのパブに行っても
割と込んでるのよね。
みんな、食事を口にすることなく、
ただただおしゃべりしてビールを飲んでいる。
それだけ、パブは生活の一部になってるんよね。たぶん。

テーブルチャージなどは勿論なく、
飲み物が欲しければ、カウンターに行き注文し、
その場でお金を払い、飲み物を受け取る。
このシステム、いいよね。

パブではビールをパイントという単位で買う。
日本で言う生中が1パイント(1pint≒約530mlだった気がする)
「A pint of "ビールの銘柄" をください。」って注文やね。
あとはhalf pint(半分)とかね。
面白いのが、州によってはhalf pintの呼び名は変わる事。
スクーナーって言ったり、ミディーって言ったり。
ま、halfを頼まない俺達夫婦には関係なかったけどね。

オーストラリアのパブでは
パイントグラス(1パイント入るグラス)にビールを注ぐ時、
泡を全く入れず、グラスのふちギリギリまでビールを入れる。
なのでグラスにはなみなみビールが。
泡の嫌いな俺には、これも嬉しかった。

で、そのなみなみビールが入ったグラスを
カウンターから自分の席まで持って帰るんだけど、
なみなみだから当然床にこぼしちゃうんよね。
床の絨毯に飲ましちゃうんよね。
なので、どこのパブに行っても
絶対同じ臭いがする。
床の絨毯が発する、ビールのすえた臭いやね。
ま、その臭いがまた 堪んなかったりするんですがね。
香りではなく、臭いね…。


オーストラリアはいくつかの州で構成されていて、
それぞれの州が名産 地ビールを持ってるんよね。
俺達はオーストラリアを転々としつつ、
新しい州に入った時は、その州の地ビールをパブで飲むのを
とても楽しみにしていた。

そこで、今回の本題。


オーストラリアで飲んだビールの俺的好みランキング

【第5位】
いきなりちょっと反則やけど
Guinness もしくは Kilkenny。
あとHoegaarden。
これらはそれぞれ、アイルランド・アイルランド・ベルギーのビールだけど、
パブでよく飲んだ。
これらはタップ(tap=生)に限る。
日本でタップで飲める場所はあまりないと思うけど、あれば是非飲んでみて!
缶や瓶で飲むより数十倍美味いから。(返金保証します。)

【第4位】
Coopers 緑
c0150920_0483751.gif

こちらは、アデレードという街がある州、
南オーストラリア州(The State of South Australia, 略号 SA)の地ビールね。
緑・黄・赤のCoopersがあったと思うけど、一番ポピュラーな緑が一番美味かった。
このビールはなんとか発酵という手法で作られていて
濁っているのが特徴。透けてない。

【第3位】
CASCADE PREMIUM LARGER
c0150920_0491522.jpg

こちらはタスマニア州のビール。
実際はタスマニア州には行かなかったのだが、
タスマニアに近いビクトリア州(メルボルンがある州ね)に行った時飲んだ。
ものすごくフルーティーだった印象。
こんなビール飲んだことない、と思ったもん。
プレミアムの名が示すように、ちょっと高い。
オーストラリアでもこのビールのタップはなかなか見なかった。

【第2位】
Emu Bitter
c0150920_049482.jpg

俺達が最も長く滞在した、パースがある州、
西オーストラリア州(The State of West Australia, 略号 WA)の地ビールね。
印象としては、かなり辛口でドライ。
飲みやすいよ。
パースに居る時は、これと1位のビールを交互に飲んでた。

【第1位】
Victoria Bitter
c0150920_0501859.jpg

通称VB。オーストラリアで一番メジャーなビール。
基本的にはメルボルンがあるヴィクトリア州のビール(だと思う。)
だが、オーストラリア全土で飲まれている印象。
滞在中、家ではほとんどこれを飲んでいた。
俺に言わせると、
ビターといえども、甘さを感じ、
なおかつしつこくなく爽やか。
そんな感じが大好き。
日本でも瓶だと割と手に入るが、やっぱりタップの方が
断然美味い。
オーストラリアに行きたい理由の一つが
これのタップ(生ね)が飲みたいから。本当、飲みたい!

以上でランキングおしまい。
オーストラリアのパブに行きたくなったかな?

俺は激しく行きたくなったよ。

う〜ん、パブ行きたい。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-10-23 00:51 | ─オースト─

リンドフィールド

今回のブログはここから続いています。

俺達の家は
シドニーの中心地「タウンホール駅」から
ノースショアラインという路線で数駅。
「リンドフィールド」という駅から歩いて5分位にある
【トライオン・ロッジ】という建物。
(ここだったんだけど、建物がなくなってる!)
部屋はほぼ正方形で15~17畳くらいあったかな。
部屋にはシングルベッドが2つと、
ちょっとした収納、机、テレビなんかがあった。
テレビがこれまた古いテレビでね、映りも凄く悪いんよ。
だってね、アンテナが洋服の針金ハンガーなんよね。
テレビにハンガーが刺さってるの。
ま、オーストラリアに滞在中、同じようなテレビはたくさんみたけどね。
当時の俺達には衝撃的だったよ。

トイレは2つ、シャワールームは3つあったかな。

キッチンと食器が共同なのは、割ときつかった。
朝食とか、やっぱり他の住人と時間が重なるしね。
調理器具も少ししかなかったし。
食器・調理器具は最低のランクの物しかないし。

例えば、鍋で何か作るとして、
できあがると、料理を皿にあけて
食べる前にまず鍋を洗わなきゃいけない。
次の人が待ってるからね。
当然料理はヒエヒエ。
そんな劣悪な状況だったけど
節約のため、たくさん料理は作ったよ。

語学学校には1ヶ月ほど通った。
この期間の平均的な一日は
朝起きて、学校行って、夕方帰ってきて、
散歩して、夕食食べて、勉強して、ビール飲んで、寝る。

今考えると、楽しい一日やね。
とにかく毎日が新鮮だった。
電車に乗っても、街を歩いてても、学校にいても。
まさにドキドキワクワクやね。

英語も割と頑張って勉強したから
本当に充実した毎日だったよ。

オーストラリアには結局10ヶ月滞在したんだけど、
言葉で苦労したことはほとんどなかったから、
この学生の時勉強したことがかなり役にたったんだろう。
(今はもう、ほとんど忘れちゃったけどね。)

1ヶ月の学生期間も、すぐに終わり、
次はいよいよ農業ですよ。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-10-11 01:51 | ─オースト─

1976

1976年。

ナイジェリアでは
Fela Kutiが”Zombie”という曲で
政府や軍隊と戦っていた。


イギリスでは
Sex Pistolsが”Anarchy In the U.K.”をリリースし

(ベースがまだグレン・マトロックや!)

The Whoは"Substitute"を。

(キース・ムーン[ドラム]がかっこよすぎ)


第二の故郷、オーストラリアでは
これが流行ってたハズ。
AC/DC "T.N.T."



その頃アメリカでは
Donna Summerがジョルジオ・モロダーによる
そりゃもうナイスなディスコナンバー"Try Me, I Know We Can Make It"で、
男性をメロメロにしてた。


一方、Ramonesは"Blitzkrieg Bop"をシングルカット。
邦題「電撃バップ」やで。



ドイツでは、最近話題(俺の中だけでね。)のBoney Mが
”Sunny”を。



そして、ブラジルでは…
Jorge BenのAFRICA BRASILってアルバムが発売された。

(この人、マシュ・ケ・ナダの作者の人ね。)


同時期にカリブのジャマイカでは



まだ、俺の好きなレゲエ(ダンスホール)は興ってないね。


って具合に、僕ら〜が生まれた1976年は
僕の大好きなアーチスト達がこんな曲を作ってました。

Fela KutiとDonna Summerが同時期
ってのが一番驚くわぁ。

34年経った今も、
全く色あせることないこれらの曲群。

音楽って素敵やね。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-10-09 01:31 | ─トクシユ─

ロジャニコ

好きな曲のサンプリングソースって
聴いてみると、やっぱりその曲も好きやったりするんよね。
ま、かなり思い入れがあるから好きになるんだと思うけど。

そして、かつて俺は渋谷系だった。(今も?)





このアルバムいい加減買おうかな。
昔はレコードのこだわってたから高くて買えなかったけど、
CDでええわぁ。欲しい。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-10-03 02:53 | ─ガクオン─

NY番外編

最近、知ったこの曲が、というよりこのPVがとても好きで
何度も何度も検索するの面倒なので、
だったらブログに貼っちゃえ。やん。

このPV、何がどう良いかって考えると
うまく説明できないんだけど、
NY観光協会制作ビデオみたいな感じが素敵ってとこかな。
そして、色んなアーティストがカメオ出演(チラっと友情出演)してるのもグー。
俺が分かったのは
Questlove、Santigold、Yelawolf、DJ Premier、Kanye West、Pharell Williamくらい。

曲自体ももちろん好きなので、元ネタあるかなーと思って調べたら、
元ネタがこれまた最高にファンキーやん。

う〜ん、格好良い。たまらん。

で、元ネタのPV観てたら、
男のメンバーがモノスゴ気になるやん。
こいつぁ…、と思って他の曲のPV観ると

うーん、なんだかスゴイ。
コーラスの女性陣のダンスも含めてスゴイ。

「俺達、サイコーにカッケーだろ?あん?」な感じが本当に格好良い。
ちょっと気持ち悪いくらいの、男の踊りや、上半身裸になる感じもグー!
なのかな?
女の人は喘いじゃってるしね。

で、このBONEY Mってグループは何者なの?
っと思って調べると、なんとドイツのグループだったりするし。
男の人、口パク疑惑あるし。

で、他の曲も聴いてたら
これまた俺の大好きな曲、
Mark Ronson の Ooh Wee feat Ghostface Killah & Nate Dogg
の元ネタらしき曲[Sunny]もあるし。

音楽って奥が深くてオモロイやん。

で、

最近の俺はDiscoっぽい曲が好きみたいですね、って話。
ディスコ行った事ないけど。

それでは、今晩最後の曲、
Ooh Weeをどうぞ。


【追記】
よく見りゃ、俺の名前Sunnyって名前やん。
って事で、Ooh Weeの元ネタのSunnyも貼っとこう。
イントロがそうなんだけど、モノスゴ格好良い。

[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-10-02 02:26 | ─ガクオン─

オーストラリアで最初にする事。

ワーホリ、最初の目的。
それは、英会話学校へ通う事。
これから一年滞在するのに、ボディランゲージだけはきつい。
妻は多少英語に自信があったらしいけど、
俺はほとんど英語がしゃべれなかった。(妻も実は当てにならない)
なんで、ほとんどのワーホリメーカーがそうするように
俺達も英会話学校に通う事を決めていた。

二人で同じ学校に行くと、お互いの英語力が成長しないため、
別々の英語学校へ。

学校は割とすぐ決まったんだけど、問題は家。
1ヶ月の学生期間、ずっと1泊50ドルもする所には泊まれない。
シェアルーム(誰かが借りてる家の1室を借りる)を探してたんだけど、
なかなかいい部屋がない。
日本の20倍以上広いオーストラリアといえども
シドニーはオーストラリアで最も都会。家賃も高い。
(何年か前のシドニーオリンピックでさらに家賃が高騰してたらしい。)

家賃高くてもしょうがないから、とりあえず部屋を借りよう、
そんな話をし始めてた時、
妻が現地の日本語フリーペーパーである物件を見つけてきた。

ツインルームで1週間140ドル(1週間:1万1200円)
支払いは1週間単位。シャワー・トイレ・キッチン・食堂は共同。
一つの建物にツインルーム×2、シングル×4くらい。
都合、8人くらいで共同生活。

全てにおいて日本より10年くらい遅れている感じだけど、
全く問題なく住める。
学校がある都心までも電車で20分位。
そして、何より安い。
オーストラリアでの新生活を始める俺達には
完璧な部屋だった。

見学後、即契約。

こうして、俺達のシドニー生活が始まった。

続く。(たぶん)
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-09-30 00:41 | ─オースト─

今日は何の日?

今から7年前の今日、
2003年9月10日に
俺達夫婦は、ワーキングホリデービザでオーストラリアに入国した。

二人とも仕事を辞めて、
借りていた家も解約し、
最低限の荷物を持って。

オーストラリアであった出来事は、結構覚えてるけど、
なぜワーキングホリデーに行こうと思ったのかは、あんま覚えてない。
………。
二人とも外国行くのが好きだったから、かな。

行き先をオーストラリアにしたのは、
英語圏で、寒くなさそうで、農業の仕事がありそうだったから。
そう、目的の一つは農業にたずさわる事だった。
日本で農業の仕事に就く事はないと思うけど、
一生に一度は体験してみたかった。

そんな思いで渡豪したんやけど、
実際は農業に就く具体的なプランなんて全くなく、
オーストラリアに着いてからの予定も全くなかった。
今ほどインターネットでの調べ物もできなかったし(ネット嫌いだったし)
情報もほとんどもってなかった。
本当、行き当たりばったりのワーホリだった。


成田からシドニーまで8時間くらいだったかな。
シドニー市街に着いたのは、確か昼頃だった。
着いてすぐ、サーキュラーキーという港へ行った。

そこはきれいな公園になっていて、
芝生の上に座ったり、ベンチに座ったりしてみんなランチをとっていた。
右前方に目をやると、あの有名なオペラハウスが見える。
左手には博物館。建物がでかい。
人がのんびりしている。
鳥も心なしのんびりしている。(色々感動してたので、そんな風に見えた)
空が青い。青というより空色。
空が高い。っておかしな表現だけどそんな感じ。

まだ、着いて数時間しか経ってなかったけど、モノスゴ居心地が良くて、
「俺の居場所はここだったんだ」
なぜかそう思ったんよねー。

ベンチに座って海を眺めながら
「俺は、このまま一生オーストラリアにいる!」
そう決めた。

しかしやね、
そんな熱い決意をしても
俺たちはその日の宿すら決まってなかったんよね。

日本から持ってきた「地球の歩き方」で調べ、
安宿がたくさんあるキングスクロスという場所に行き、
Bernlyというホテルにその日は泊まった。
確かツインで50オーストラリアドル(日本円で約4,000円位)だった。
(当時のレートは1オーストラリアドル=80円位)
ホテルの周りをうろつき、ピザを買ってその日の夕食を済ませた。
c0150920_19112451.jpg
(今はもうやって無いっぽい)

1年という長い期間を与えられ、
何でもできるけど、何から始めればいいか全く分からない。
そんな不安と
俺達は絶対この国が好きだー、オーストラリアにして良かったー
という安心と。
そんな事を話しながらビールで乾杯した。

7年前、
2003年の9月10日はそんな1日だった。


という事があり、
毎年9月10日は、我が家のオーストラリア記念日。
本当はオーストラリアのビールで乾杯したいところなんだけど
なかなか手に入らないので、
オーストラリア銘菓Tim Tamを食べてお祝い。
c0150920_1912333.jpg
(これはポケットサイズ)

ま、祝ってるのは俺だけで、妻は特に気にしてないんだけどね。

(しばらくオーストラリアモードに入りそうです)
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-09-10 19:16 | ─オースト─

夏のおもひで:その2

今年の夏休み、2回目のエクスカージョンはご近所の
パパママ子供5家族で山梨へ。
5家族総勢19人という大所帯での旅行。

住んでる町では頻繁に遊ぶけど
こんなに長時間一緒にいられたのは初めてだったので
新鮮で、本当に楽しかったなぁ。

しかも、今回は一緒に行くT君のご実家に泊めて頂けることに。
おかげで、アットホームな雰囲気の中、みんなリラックスできて、
幸せな時間を過ごすことができました。
おまけに庭ではBBQ。
庭で焼いて、涼しい室内で食べられるBBQなんて最高やね。
本当ありがとうございました。

次の日もT君には
楽しい公園・プール・きれいな川・素敵な温泉など
地元の人しか知らないような穴場に連れて行ってもらって
至れり尽くせりの旅行でした。

子供達もこの歳になると
子供達同士で遊ぶので、親も割と楽だし安心して見ていられる。
4歳にして、もう数年来の友達やしね。
けんかもしてたけど、なんだかんだいって上手いことやってたなぁ。
子供達が遊んでるのを見るのも楽しかった。

そんなこんなであっちゅう間の2日間だった。

実家に泊めてくれ、しかも素敵な所に連れて行ってくれたT君、
ずっと車を運転してくれたモちゃん、
そして双子や太陽の面倒をたくさんみてくれたみんな、
一緒に行ったみんなに本当感謝の気持ちいっぱいです。

みんなが助けてくれたので、ちっちゃな双子連れでも
参加できました。本当にありがとう。

また行きましょう!

c0150920_1102229.jpg
c0150920_110527.jpg
c0150920_11164.jpg
c0150920_1104069.jpg

[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-08-07 01:08 | ─トクシユ─

夏の思ひ出:その1

楽しみにしていた夏休み。
あっちゅう間に終わってしまった…。

今年の夏休みは
8/2:家事
8/3:家事
8/4:山梨へ
8/5:山梨終わり
8/6:休憩
8/7:山梨へ
8/8:山梨終わり
8/9:休憩
8/10:花火大会

こんな感じ。
山梨へ2回も行けるんですねぇー。
今回は8/4・5に山梨へ行った時のお話。


今回一緒に行ったのは、昔のバイト仲間とその妻達と太陽。
大人6人、子供1人。

彼らとは、もう15年以上のつき合いになる。
彼らに初めて出会った時の事は、今でも鮮明に覚えていて
確かとても暑い日の午後、

割愛。

今回の旅のプランは、河口湖のほとりのコテージに泊まり、
BBQで、ビールで、楽しい話で、太陽もおって、めっちゃ楽しいでー!
っていう感じ。

ずっとずっと凄く楽しみにしていた2日間。
このために頑張って働いてきたからね、俺。
いつもは、朝なかなか起きられない太陽も、
当日のはメチャメチャ早起きで
「パパ、コテージ行くよ!」って俺を起こしに来たよ。
彼もずっと楽しみにしてたんやね。
よっしゃ、メチャ楽しもうでー。

車2台に分かれて、レッツゴー。アクセル踏んで、時々ブレーキ。

昼頃に河口湖に到着。
まずは、山梨県富士吉田市の名物、吉田うどんで腹ごしらえ。
この独特なうどん、説明が難しい。
つゆは醤油プラス少し味噌らしい。
具にはゆでキャベツ、麺は極太のコシ強。
(俺は食べなかったけど、肉うどんの肉は馬肉らしい。)
これが旨かった。思い出すだけで、あぁ、また食べたい。

食後は河口湖のほとりで休憩。
c0150920_0304537.jpg


買い出しをして、午後3時にコテージにチェックイン。
今回の宿はこちら。8人部屋を借りた。
c0150920_031121.jpg


荷物を下ろしたら、早速、
ビールプシュ!かんぱーい!(太陽はぶどうジュース)
う゛ぁー、うめー!最高!

今回の旅、子供は太陽一人だから、
全体的に大人ペース。
飲みたいときに飲んで、食って。
これって、家ではなかなかできないからね−。
これだけで、もう幸せやん。

のんびりおしゃべりをしながらBBQ準備開始。

ここのコテージでは部屋の目の庭に、BBQコンロを設営してくれ、
部屋のウッドデッキや、BBQコンロの周りにベンチをセットし、
そこで食べられる。
メチャメチャ快適やったよ。
切ったりなんだりは部屋のキッチンでできるし、
備え付けの食器、調理道具、調味料も豊富。
本当に便利やったわ。

BBQが始まれば、あとは適当に
焼いて→食って→飲んでの繰り返し。
with 止まる事のないトーク。
c0150920_031771.jpg
↑俺作:豚バラを割り箸に巻いたの。

BBQって最高ね。

9時に太陽を寝かしつけて、
また楽しくおしゃべりして飲んで、飲んで、飲んで…
寝た。

次の日の朝、コテージ内を朝の散歩。
友達の奥様と太陽。富士山バッチリ。
c0150920_031109.jpg


チェックアウト後は「まかいの牧場」って所へ。
動物たちと気軽に触れあえる楽しい場所だった。

「動物と…
c0150920_031325.jpg


 触れあうって…
c0150920_0305577.jpg


 本当に楽しい…
c0150920_0304987.jpg


 よねー…。」
c0150920_0303641.jpg
 絶対嘘やん。(太陽は、動物ちょっと怖いっす。好きなんだけどね。)


 トラクター楽し−!
c0150920_0305853.jpg


 本当に楽しー!
c0150920_031010.jpg


そんなこんなであっという間に
楽しい2日間はおしまい。
帰りの車で太陽はずっと、
「終わるの寂しいね−、また行きたいねー。」って言ってた。
子供は太陽一人だったけど、みんなが遊んでくれて
よっぽど楽しかったみたいね。
本当に素敵な2日間でした。

今回、子連れは俺だけだったんだけど、
一緒に行ったメンバーが皆、太陽の面倒をすごく見てくれて、
遊びにつきあってくれて、
本当に助かったし、嬉しかったよ。
みんなありがとう。
是非、また行こうぜ!
約束なー!
c0150920_050466.jpg

[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-08-04 10:29 | ─トクシユ─

裸バトル

今日、太陽とお風呂に入ってる時の話。

お風呂のお湯が熱かった事に腹を立てた太陽、
「熱いの熱いの、パパに飛んでけー」

お、言ってくれるやん。

じゃ、お父さんは
「石けんのアワアワ、太陽に飛んでけー」

太陽も応酬。
「じゃあ、お父さんにゴマをパラパラー」(?)

俺も負けない。
「太陽をタオルでゴシゴシー」

「パパをお布団でグルグルー」

「太陽をコチョコチョー」

「パパをお布団の下で、ペッチャンコー」

「太陽の手をガブリ」

「パパの※#$%&&%を!%&#$!で!#&%」
最後は、笑いすぎで言葉になりませんでした。

そんな遊びをしました。
オススメの遊びです。



一番好きな食べ物はアイス
c0150920_23154625.jpg


最近は離乳食が大好きなアカヒカ。
が、これは美味しくない。
c0150920_23161363.jpg

[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-06-06 23:21 | ─コノコト─

珍瓶

「最近、ウイスキー好きになったんですよ。」

って事を、あらゆる酒の場で言ってたら、
会社の偉い人が珍しいウイスキーをくれた。
今日はその珍しいウイスキーについての話。

つまんなそうな話でしょ?
でもいいんです。だってこのブログのタイトルは…


さて、今回もらったのは
基本的には「マッカランの18年」。

マッカランとは?

割愛です。
一番の特徴は
樽詰めする際に、シェリー酒を造るのに使った樽しか使わない
っていうこだわりを持ってる事だと思います。
(昔はね。 今は違うのか? あやふやな情報ソーリー)
味は、癖がなく割と飲みやすい、それでいて複雑、チョコのような味も…
だったような気がします。
日本で一番売れているスコットランドのシングルモルトかも。

とにかく、そのマッカラン。
通常はこんな瓶やけど、
c0150920_183377.jpg


俺がもらったのは、こいつ。
箱:
c0150920_191463.jpg

瓶:
c0150920_19487.jpg

もう全然違うよね。
俺も初めてみたこのボトル。

調べてみました。

一番の違いは、箱や瓶に誇らしげに描いてある
「DUNCAN TAYLOR」のロゴ。
こりゃなんぞ?

DUNCAN TAYLOR(ダンカン・テイラー社)とは?


ダンカン・テイラー社は1938年、ビジネスマンのアベ・ロッセンベルグ(Abe Rosenberg)により、アメリカ合衆国で設立しました。彼とパートナーのチャーリー・グットマン(Charlie Guttman)はスコッチウィスキーに魅了され、1960年代の初頭から、スコットランド全域の数多くの蒸留所のニューフィリングの樽を購入しました。これが結局は、熟成されたレアなプライベートコレクションとしては、世界最大級のものとなりました。
1994年、アベは85歳でこの世を去り、ダンカン・テイラー社は慈善団体の監督下に置かれました。2000年にユアン・シャーン(Euan Shand)はその団体から連絡を受け、何千丁という樽の購入を打診され、ユアンはこの樽のストックの品質を確かめ、この類をみないコレクションを購入することを決意し、同僚のアラン・ゴードン(Alan Gordon)とともに資金を集めました。ダンカン・テイラー社は、アバディーンシャーのハントリーに本部を持っております。


らしいです。

なるほど。
元は個人の持ち物だったんですねぇ。
由緒正しきウイスキーなんすねぇ。

他の特徴も追ってみよう。
ラベルを見てみると「CASK STRENGTH」の文字。

カスクストレングスとはなんぞ?
俺も飲むのは初めて。
通常シングルモルトのウイスキーは品質を均一にするため、
多くの樽で造った原酒を一度全部混ぜ、水を加えて、味を統一して出荷されます。
しかし、このカスクストレングスというのは
一つの樽で造ったウイスキーを加水せず、混ぜ物なしで
そのまま瓶詰め→出荷しているのです。
加水してないため、このボトルはアルコール度数が55.3度もあります。
(通常のウイスキーはアルコール度数40度前後)
もちろん、この度数は年数・樽によって変わってきます。

他には「Speyside」の文字。
これはスコットランドのスペイサイド地方産ですよ、ッて事。
因みに俺の大好きなウイスキーはスコットランドのアイラ産。

他には樽の情報がつらつら。
これは、どうやら樽番号9714に入ってて
1991年の4月に蒸留されて樽詰めし、
2010年の1月に瓶詰めされた、
288本のうちの142本目らしい。

樫の木の樽で18年熟成されたよ、
その樽は一度シェリー酒を造るのに使われた樽だよ。

そんな一本でございます。

このウイスキーをくれた偉い人は、
ここまでの情報を持ってなかったと思いますが、
「この珍しそうなウイスキーをsunny×3にやろう!」
そう思ってくれたことが嬉しいではありませんか。

さて、
最も大事なそのお味でございますが…

私、まだ、封開けてません。

なんでか。

いつかウイスキー好きの友人が遊びに来たとき、
一緒に開けて楽しもうかなと思っております。

たぶん、割と珍しいこのウイスキー。
一緒に飲みませんか?

おいでませ、我が家へ。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-06-05 01:12 | ─タクノミ─

ハードボイルド

c0150920_0445472.jpg

近所の神社にて。皆不機嫌そうやん。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-05-26 00:44

特別な[黒い]腕時計

NIKE IDで靴をオーダーしたら、
次はこちらで特別な[黒い]腕時計をオーダーしましょう。
ここでしか買えませんよ。

俺仕様はこちら
コンピュータをいじる仕事ですので
ミルガウスが欲しいですねぇ。(たぶんほとんど関係ないと思うが…)
c0150920_10302599.jpg


他にもサブマリーナや、シードゥエラー、デイトナ、
エクスプローラ2、GMTマスター2なんかもできます。
c0150920_10304250.jpg
c0150920_1030537.jpg


4〜6週間で届くのかな。2年の保証期間つき。
俺が欲しいのは9,000ユーロらしい。
↑訂正:9000ポンドでした。(およそ1,169,085円)
よだれとため息が出ますな。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-05-22 10:46 | ─ブツヨク─

親愛なるジョブスへ。

アカヒカもだいぶ大きくなった。
最近では、すっかり個性も出てきて
性格も全然違うんよね。


ちょっと前、愛用のiMacが壊れた。
壊れたのはモニタ。画面右から3分の1辺りに、
1本の線がぼやっと絶えず表示されるといった症状。
それもドット抜けのようなくっきり線ではなく、
クーピーで描いたようなにじんでかすれた線。
c0150920_0373890.jpg

「こりゃあきまへんわ。」

スティーブ・ジョブスに聞いてみようと、
サポートセンターに電話。
ジョブスが出たら英語で話さなければいけないから緊張するなぁ
と思ってたんやけど、出たのは女の人。
症状を説明するといくつか解決方法の提案が。
試して見るも改善せず。
すると割とあっさり
「購入されて間もないですし、無償で修理します。」
との事。あぁ、そりゃどうも。

しかし、「データは全部消えますよ。ご了承を。」
だって。

え、そんな簡単に了承できないんすけど。

うーん、やむなし。
いわゆる、背中とお腹は交換することができませんよね、の心境。

で、しょうがなくタイムマシンの設定。
最初少し面倒臭いけど、一度設定するとこんな便利なものないね。
そんな感じで入院準備完了。

後日、黒猫さんがたいそうな箱(エアバッグみたいのがついてる)を
持ってやってきて、うちのiMacを、
おそらくカリフォルニアにある、ジョブスの家に
持って行った。

きっちり1週間後、帰宅。
行きと同じようにエアバッグに包まれてかえってきた。
急いで点けてみると
「お、直ってる。しかも、あれっ?、これっ!、データ元のままやん!」
モニタが直ってる以外は、全て入院前と全く同じ。
さすがジョブス、いい仕事しますよ。
自発的に初期化しなくて良かった。

どこが壊れて、どんな修理やったか調べようと同封の書類を見ると、

「修理センターでは、症状を再現させることができませんでしたが、
お客様の環境下での再発を防止するため、想定される不具合部品として
液晶パネルを交換しました。」

との事。

え、ちょっと待ってよ。
症状出なかったのに液晶パネル替えるの?
無償で? 本当に?
えー?本当に症状出なかったの?
にわかには信じられないな。

俺が嘘ついてたっての?
えー!
だって、症状出てたんやもん。
本当は分かってるんでしょ?やだなぁ。
僕ちゃん、ちょっとイラッときちゃったんですけど。

俺、仕事と家両方でmac使ってるしぃー、もう10年mac使ってるしぃー。
ipodも二つ持ってるしぃー、iPhoneも持ってるしぃー(会社のだけど)。
割とmacファンなんですけどぉー、今回の件はなんだか
不満ですぅ。
ブスブス。

まぁ直ったからええけど。
ブスブス。ブスブス。

タダやったからええけど。
ブスブス。ブスブス。ブスブス。

データ消えてなかったからええけど。
ブスブス。ブスブス。

カリフォルニアの気候がそうさせるのかね。
ブスブス。

俺、温厚なO型やからええけど。
プスプス…プス。
お、治まった。

なんだかんだ行っても
今後もmac使い続けるんですから。
頼みますわ、本当。
久々に怒れるエントリーでした。

因みに俺は、ビックマックやクォーターパウンダーより
オーソドックスな安っぽい、普通のチーズバーガーが一番好きです。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-05-21 00:53 | ─イエネタ─

トリイソギ

なんとはなしにTwitterを始めてみました。
ブツブツしてます。
いつか仕事にもなんかしらで役に立つかなと思ひ。
でも遊び方が今んとこよく分からないなぁ。

急に止めるかもしれんけど
ブログ同様?頑張ります。

誰か一緒にやらんかな?

ね。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-05-01 22:35 | ─ツイツイ─

ブランニュー

c0150920_2515257.jpg


NIKE iDで靴を作るのもこれで三度目。
パーツごとに、色んな色を組み合わせる事ができるのに、
俺が作るのは、いつも単色。
色彩感覚の欠如。

色盲デザイナーやな。

今年の夏、足元は黄緑がナウヒ!
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-04-24 02:51 | ─ブツヨク─

はっ、はっ、はっくしゅう!

c0150920_0363157.jpg

これ、美味しいッス。
スモーキーで、辛口で、少しフルーティ。
値段が結構高いので、これはハーフボトル。
ちびちび飲めばええやん。

今日は、iPhoneからお届けしました。

With ドラえもんのアプリ。
[PR]
# by sunny_sunny_sunny | 2010-04-22 00:39 | ─タクノミ─


すきなものをどうぞ。


by sunny_sunny_sunny

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

─ガクオン─
─デシグン─
─コノコト─
─イエネタ─
─トクシユ─
─オースト─
─ブツヨク─
─ズインツ─
─タクノミ─
─ツイツイ─

以前の記事

2012年 01月
2011年 11月
2011年 07月
more...

お気に入りブログ

とにかく(毎日改め)毎週...
天然アフロの沖縄日記

最新のトラックバック

ウヰスキー
from とにかく(毎日改め)毎週パン..

タグ

ライフログ


Timez Are Weird These Days


Black & White America


The Best of Quantic [2CD] (TRUCD235)


Cole World: the Sideline Story


Eraser

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

ブログトップ